top of page
1503833.png
1503833.png
1503833.png

12/3 年忘れの宴


↑受付中↑


【日程】

昭和98年12月3日(日)

12:00~14:30


【会場】


昭和9年より変わらない姿で残るホール。

登録有形文化財に指定されたのは1階の日本最古のビアホールと、6階のクラシックホールです。


<参考記事>


【どんなイベント?】

鳳明出版社(架空企業)のパーティーで、参加者は架空の関係者や関連企業の方、架空の作家や文化人として集まり、架空の名刺で「いやあどうも今年もお世話になりまして」「あら先生もいらしてたんですか!」等と架空の挨拶を交わすような(交わさなくてもいいです)集まりです。


いわゆる『文豪缶詰プラン』『文壇バー木馬暮』の番外編?総集編?のような感じです。気楽にご参加ください。


【どんなことが起こるの?(例)】

実在の文豪たちのエピソードをもとにしたやりとりやハプニング、パーティー等でのあるあるエピソード等が起こります。

*偉い人による長いスピーチ。(止めます)

*偉い来賓による長いスピーチ。(止めます)

*文豪の妻または愛人を巡るバトル

*文豪同士の喧嘩

*出版社同士のバチバチ

*新刊を巡るいざこざ


※その他、皆様のご意見を参考に調整中です。

※壇上で人が倒れる等のサスペンス要素はありません。


【その他、予定していること】

*過去の修羅場の上映

 文豪缶詰プランで発生した修羅場の数も40を越えました。いくつかの一部を上映する予定です。お客様巻き込み型のものは流しません。

*鳳明新聞

 パーティー中に起こる出来事の補足情報等を掲載した新聞です。

*授賞式風抽選会

 事前にご提出いただいた作品タイトル(架空)の中から抽選で受賞者が決定します。授賞式風に発表、景品を授与します。※希望者のみ

*応援グッズ販売 など



【イベント中の撮影について】

随時撮影可能です。修羅場中もどうぞ。

SNS等にアップされる場合はキャスト・スタッフ以外のお客様の顔はぼかす等でお願いします。

※キャスト・スタッフはわかるようにします。

※動画撮影をされる場合、一部のみのアップは可能ですが、一部始終をアップするのはご遠慮ください。


【チケット・申込】

通常チケット @8000円

※おひとりの金額です。お料理+飲み放題。


<オプション>

●VIP 1組5000円(※1組4名まで/※限定7組)

 「売れっ子作家」「スポンサー」「社長の知り合い」「企業の役員や社長」「顧問弁護士」などなどの設定をいただけたら、鳳明出版社サイドはこびっこびに媚びを売ります。また文豪たちも声をかけてきます。

●名刺作成(100枚) 500円

 縦書きシンプルな名刺になります。フォントやデザイン等は選べません。ご自身で作成した名刺のお持ち込みはもちろん可能です。

名刺サンプル

※今回はお客様を巻きこんだ修羅場オプションはありませんのでご了承ください。



↑受付中↑


【お料理(着席スタイル)】

<お料理>

*オードブル3種盛り合わせ

*お魚のカルパッチョ

*海老カツ野菜サラダ添え

*帆立貝のオーブン焼き

*グリルソーセージ2種盛り合わせ

*チキンから揚げ&チップス

*6種チーズのフラムクーヘン

※上記現在のメニューです。季節や仕入れの状況等で変更しますので予めご了承ください

<ドリンク(飲み放題)>

サッポロ生ビール/日本酒/ウヰスキー/カクテル/サワー等、20種類以上

※ソフトドリンクもあります


【服装について】

特に指定はありません。

レトロな服装でも、現代的な服装でも、お好きな恰好でお越しください。

露出度の高い服や二次創作コスプレはご遠慮ください。


【出席予定】

登場人物は変更することもございますのでご了承ください。


<登場予定の文豪>

菊崎寛一郎・夏戸川漱歩・久藤春正・永島武風・宇山三千代・柳田静蓮

<登場予定の出版関係者・編集者>

紋江子(文壇バー木馬暮のママ)/中心言論社・福田/文藝四季・新藤/鳳明出版社・伊藤/鳳明出版社・山田/鳳明出版社社長・大鳥







Kommentarer


bottom of page