top of page
文壇バー.png
TOP

新宿三丁目には

導かれた者だけが

辿り着けるという

バーがある

『文壇バー木馬暮』

文豪に画家に音楽家

きまぐれでワガママで

どこか憎めない常連たち

美味しい料理と飲み物

ときどき起こる

ハプニング

今日もおおいに

​賑わうことだろう

ぶんだんばー きまぐれ

文壇バー1_edited.jpg
イベント

イベント

『文壇バー木馬暮(きまぐれ)』は

不定期で開催される飲食イベントです

次回は5/26,6/16,7/21です

【会場】

ナドニエ

新宿区新宿3丁目8−7 吉川ビル 3階

【時間】

12:30~15:15

【料金】

※ひとりあたりのお値段です

1名8,500円/2名@8,000円

3名@7,500円/4名@7,000円

​※事前決済は@500円引き※

【料金に含まれているもの】

料理5品+飲み放題

木馬暮では日常茶飯事のハプニング

【有料オプション】

文豪に借金を頼まれる

文豪に奢る 等

申込

申込

こちらをご一読ください

​​キャンセルポリシー他、過去にあったご質問事項等を纏めました。

登場人物(予定)

名前をクリックすると

簡単な相関図が出てきます。

 

5/26 紋江子・菊崎・永島・徳津・小泉・波野

6/16 紋江子・夏戸川・久藤・宇山・菊崎・新藤・福田

7/21 紋江子・太口・檀田・井田・柳田・西木

  • 2024年6月16日 12:30 – 15:30
    新宿区, 日本、〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目8−7 吉川ビル 3階
    2024年6月16日 12:30 – 15:30
    新宿区, 日本、〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目8−7 吉川ビル 3階
    バーを舞台に、文豪が喧嘩したり、借金を申し込んできたり、酔いどれたり等のハプニングが起こり、お客様が巻き込まれたり、生ぬるく見守ったりするイベントです。
  • 2024年7月21日 12:30 – 15:30
    新宿区, 日本、〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目8−7 吉川ビル 3階
    2024年7月21日 12:30 – 15:30
    新宿区, 日本、〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目8−7 吉川ビル 3階
    バーを舞台に、文豪が喧嘩したり、借金を申し込んできたり、酔いどれたり等のハプニングが起こり、お客様が巻き込まれたり、生ぬるく見守ったりするイベントです。
  • 2024年5月26日 12:30 – 15:30
    新宿区, 日本、〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目8−7 吉川ビル 3階
    2024年5月26日 12:30 – 15:30
    新宿区, 日本、〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目8−7 吉川ビル 3階
    バーを舞台に、文豪が喧嘩したり、借金を申し込んできたり、酔いどれたり等のハプニングが起こり、お客様が巻き込まれたり、生ぬるく見守ったりするイベントです。
遊び方

遊び方

お料理やお酒(ソフトドリンクやノンアルカクテルもあります!)を楽しみながら、ときどき起こる文豪エピソードを基にしたハプニングを遠巻きに見たり、巻き込まれたりします。

<勝手に起こるハプニング>

●過去例1:太口が檀田と豪遊してツケをためた旅館に「東京に金をとってくる」と壇田を置いたまま帰ってきてしまった。太口をさんざん探し回っていた壇田はバーで飲んでいる太口を発見し、怒鳴り込んでくる。

●過去例2:室原が売れてる作家に絡んだ挙句に、屁理屈を並べ立てて金を貸してくれとしつこく頼んでくる。

●過去例3:お気に入りの女給を人気投票で1位にすべく金をつぎ込んだ菊崎を永島が「遊び方がダサい」と笑い、一触即発になる。

※文壇バーには女給はおりません。

※当日のメンバーによりハプニングは変わります。

<有料オプション例>

『文豪に奢る』1,000円

スタッフを呼び、奢りたい相手を伝えると(名前のかかれた紙にチェックして渡す)、文豪に「あちらのお客様からです」とウヰスキーが届きます。

『文豪に借金を頼まれる』5,000円

文豪に借金を頼まれます。口説くように、必死に、上から目線で、図々しく…等、どう頼まれたいかは選べます。

登場人物

​登場人物

『文壇バー木馬暮(きまぐれ)』には、様々な文豪や編集者たちが、常連としてやってきます。常連の文豪たちは実在する文豪(たまに文豪以外)が2名以上組み合わさって生まれた架空の文豪たちです。誰と誰が組み合わさっているかを想像してみてください。

​実際のイベントでは、常連たちの中から3~4名が登場する予定です。

あくまでも実在した文豪たちの要素を持っている別人(架空文豪)ですので、その点をご理解の上、お楽しみいただけると嬉しいです。

人物相関図(2/21時点)
​常連文豪は今後も増える予定です

LINE_ALBUM_202371 文壇バー_230701_12_edited_edited.jpg

紋江子

​もえこ

文壇バー『木馬暮』のママ。面倒見がよく、常連の好み(弱み)は知り尽くしている。文豪たちの作品にもたびたび登場するなど、常連たちと広く浅く付き合っている。本命はいるようだ。

0024_xlarge_edited.jpg

檀田一閒

だんだいっけん

強面だが普段は穏やか。怒ると怖い。太口の最大の理解者であり親友だが、振り回されがち。飼い猫のタマがいなくなったときは半泣きで探し回ったという一面もある。

0183_xlarge_edited.jpg

宇山三千代

うやまみちよ

菊崎の妻の妹であり、菊崎の愛人。執筆業・女優業・着物デザイナーと多才だが、自由奔放で我儘で周囲を振り回す。恋多き女。

0231_xlarge_edited.jpg

徳津秋郎

​とくつあきお

情景が浮かぶリアルな文章力は高く評価されているが、実在の文化人をモデルにしたり、エピソードをもとにするため、トラブルも多い。

220739_edited.jpg

川光利成

かわみつとしなり

世界的な文学賞を受賞した大御所、芥原賞の審査員。硬派に見えて女好き。強い目力で全てを解決しようとする。金銭感覚がおかしい。

LINE_ALBUM_202357_230509_37_edited.jpg

新藤卓

しんどうすぐる

“文芸四季”の編集者。弱小出版社を見下しがち。のちに多くの人々に恐れられる四季砲を生むが、まだ菊崎やその周囲に振り回されている。

LINE_ALBUM_20231015_2310168_edited_edited.jpg

波野ハル子

なみのはるこ

“中心言論社”発行『淑女言論』編集者。どんな気難しい作家もハル子の頼みなら引き受けるというが、心を読めぬ永島が気になり始めている。

0208_xlarge_edited.jpg

菊崎寛一郎

きくさきかんいちろう

出版社“文藝四季”の創業者であり、芥原賞を創設した文壇の大御所。偉そうだが、実は強い女に罵られるのは嫌いじゃない。従順な妻に満足できず、奔放な妻の妹、三千代にいれこんでいる。

LINE_ALBUM_202357_230509_49_edited.jpg

室原啄也

むろはらたくや

カフエーや飲み屋でツケをため、友人知人に借金をしまくり、初めて会った人にも平気で金を無心する。酒場の隅でずっとくだをまいていて、喧嘩を売ってくることも。

0006_xlarge_edited.jpg

柳田静蓮

​やなぎだじょうれん

20以上離れた大富豪と半ば騙される形で結婚。密かに書き溜めていた短歌の秘められた情熱に惚れ込んだ太口と許されぬ恋に落ちる。

0251_xlarge_edited.jpg

小泉鏡雲

こいずみきょううん

海外生活が長く、幻想的で神秘的な文章を英語と日本語で綴る。師である尾田紅露を尊敬を越えて崇めている。犬と雷が怖い。

LINE_ALBUM_202371 文壇バー_230701_21_edited.jpg

夏戸川漱

なつとがわそっぽ

英国留学を経て帝大講師になるも精神を病み退職、探偵業の傍ら執筆した探偵小説がヒット。自宅に火曜会と称し若手が集う。甘いものが好き。

LINE_ALBUM_202357_230509_33_edited.jpg

福田雄太

ふくだゆうた

“中心言論社”発行『淑女言論』の編集主任。売り上げを伸ばすが火種も生むキャッチコピーが得意。口八丁手八丁の世渡り上手。

220178.jpg

栃上慶美子

​とちがみけみこ

文筑書房の編集者。室原の良き理解者。純文学や詩・俳句・短歌の韻文学をこよなく愛し、埋もれた韻文学の発掘を使命とする。 

LINE_ALBUM_20231015_231016_edited.jpg

太口安治

​たぐちやすはる

女癖が悪く、借金ばかりしている。部屋が汚い。才能はあるが、思いつめて、クスリや酒に逃げがち。芥原朔之介が好きで、亡くなったことを知ってから情緒不安定。芥原賞がとにかく欲しい。

LINE_ALBUM_79_230710_edited.jpg

永島武風

ながしまむふう

ボンボンで、金払いもよく、遊び上手。偉そうなくせにすぐ女にいれこむ菊崎を「下品な田舎者」と馬鹿にしていてる。派閥に属さず、妻帯もせず、自由を謳歌している。

219365_edited_edited.jpg

岡林かの美

​おかばやしかのみ

有名な女流文豪だが、人前には滅多に出ない。小説のために様々な職を経験。現在はフミと名乗り、カフェーの女給として働いている。

LINE_ALBUM_20230923文壇ピン写_230925_edited_edited.jpg

久藤春正

くどうはるまさ

交流関係が広いが、癖の強い友人たちに振り回されては流れ弾に当たる苦労人の面もある。芥原賞審査員。菊崎の妻を巡り、ひと悶着。

23471998_edited.jpg

井田鱒之介

いだますのすけ

大阪在住なのにしょっちゅう太口に東京に呼び出され、文句を言いながらも来る。生き生きした庶民の暮らしを面白可笑しく描く。

LINE_ALBUM_20231015_2310165_edited_edited.jpg

野村文夫

のむらふみお

“新流社”の編集者。太口・檀田・夏戸川を尊敬しているが、愛人への連絡、甘味の買い出し、ツケの支払いなど、面倒なことを頼まれがち。

LINE_ALBUM_202357_230509_47_edited.jpg

山田・田中・鈴木

やまだ・たなか・すずき

“鳳明出版社”の編集者。常に先生(の原稿)を第一に考えている。手が足りない時はママのお手伝いをしたりする。写真は山田。

お手紙

お手紙

登場人物への応援メッセージ

イベントへのご要望など

コチラにお送りください!

返信をご希望の方は

​Emailをご記入ください!