top of page
鳳明出版ロゴ.png
1503833.png
1503833.png
1503833.png

6/9 跡目相続サスペンス



サスペンスの缶詰 とは?

「人狼ゲーム」でも「マーダーミステリー」でも「謎解き」でもありません。参加者の中に「殺される人」や「怪しい人」がいるのは事実ですが、それを当てるのが目的ではなく、2時間サスペンスの「モブキャラ」もしくは「登場人物」として、『サスペンスあるある』や『ミステリー漫画にありがちな展開』や『ベタベタなやりとり』を体感するというのが目的です。※モブキャラとはメインキャラ以外の人々のこと。


『跡目相続サスペンス』

◆日程 昭和99年6月9日(日)

◆時間 13:00~17:00

※18:00まで交流の時間をとります(参加は任意)

◆料金 12,000円

◆場所 東京都葛飾区/京成線お花茶屋駅より徒歩8分

◆最少催行人数は15名、4/30までに集まらない場合は中止となります

◆申込後、詳細の設定フォームをご記入いただく流れになっています


複数名の申込の上限は3名までとなります

事前決済(クレカor振込)になります



4/7 22:00より受付開始




華道茶屋流6代目が亡くなった


茶屋流次期家元を決めるために

屋敷に集められた家族と関係者たち

茶屋流の次期家元は

6代目の資産の全てを

引き継ぐことになる


誰が家元になるかは

名を伏せ飾られた作品を見て

関係者による投票で決まる


実力か、血か、政治力か、

初代の精神を継ぐ者か…


そしてついに事件は起きる


ベタベタな展開!見たことがある流れ!

参加型跡目相続サスペンス、堂々開幕!


今回の舞台は、葛飾区お花茶屋にある邸宅で、華道一門による跡目相続にまつわるサスペンスです。

敷地内で、2時間サスペンスあるあるなことが起こります。


参加者は『家族枠』と、家族枠よりももう少し自由な設定で参加できる『関係者枠』の、どちらかで参加します。


登場人物や状況を把握する導入部、時間になったり条件を満たすと発生するアトラクションがあります。参加者同士の探り合いや話し合いなどは自然発生にお任せします。



上記4/1時点の情報です

内容は変更することがあります



❶参加形態:家族枠(6~8名)

6代目茶屋花之心の家族です。ある程度実年齢を参考にさせていただきます。家族として知っている情報は先に伝えられます。2名参加での参加で「次男夫婦」「パートナー」のような参加も可能です。他参加者と夫婦役になる場合は両者の同意を得ます。

基本お名前はこちらで決めさせていただきますが、ご希望がある場合はお聞かせください。

例:当主の「子供」(長男・長女夫婦・次女など)/失踪していた弟/当主の妻(後妻)/婚外子…など


❷参加形態:関係者枠(7~10名)

門弟・お手伝いさん等、家族枠よりは関わり度合いを自分で決められます。各ポジションとして知っているだろう情報は先に伝えられます。2名参加での参加で「夫婦」「パートナー」や、3名で「門弟仲間」のような参加も可能です。

記者等も可能ですが「集まりに立ち会う必要性」をこちらで設定させていただきます。(もしご希望がありましたら是非お聞かせください!)

例:茶屋流幹部/事務局員/門弟/お手伝いさん/庭師/親しかった政治家/役人…など


◆家元候補枠2~3名

申込の際に「家元候補になりたい」という項目があり、そちらを選択した方の中から家元候補役が決定します。基本着物でお願いすることになると思いますが、衣装のこだわりがある場合は着物でなくても構いません。

皆さんの前で花を活けるパフォーマンスはありませんのでご安心を!


◆犯人枠1名

申込の際に「犯人になりたい」という項目があり、そちらを選択した方の中から犯人役が決定します。ある程度ご要望はお伺いしつつ、動機や当日の行動については色々とお願いすることになります。動機や犯行に至る経緯等、事前にお渡しする情報量は多めです。長台詞の告白や迫真の演技は求められません。後半に向けて様々な情報が出てくる中で不利な情報も出てきます。

同行者にも告げないか、告げる場合は同行者の方は絶対に態度に出さないなどのご協力をお願いします。(告げないことによる関係の悪化については責任は負いません…)

※家元候補であり犯人であることもありますので、両方希望することは可能です。


◆怪しいヤツ!

「疑われたい」という項目を選んだ方には、疑われるような行動指示があります。行動をするかしないかはお任せします。


◆回答用紙

最後に回答用紙を配布します。

メインはその当日に起こった事件の犯人を当てますが、その他話し合いの中で出てきたいくつかの事件についても回答するようになっています。提出後、簡単な答え合わせ?もあります!


服装

必ずしも着物である必要はありません。家元を決める集まりになるので、使用人以外はあまり普段着すぎない方が助かりますが「どんな時にもこの恰好」という方もいると思いますので、役に合わせてお好きな服装でお越しください。


役者(3~4名)

家族枠や関係者枠に入りますが、どのポジションになるかは参加者の設定状況などを見て決まります。


スタッフ(2~3名)

お手伝いや世話係などで入ります。困ったことや聞きたいことがあった時に声をかけるスタッフが誰かは先にご挨拶します。


【お花茶屋(おはなぢゃや)について】

お花茶屋という地名の由来となった茶屋は、もともと新左衛門茶屋という名前でした。ある日、8代将軍徳川吉宗が鷹を放ち鳥などをつかまえる「鷹狩り」の途中で腹痛になり、この茶屋で休みました。店の娘である「お花」の手厚い看病のおかげで吉宗の腹痛は治りました。  

これに感謝した将軍家から、娘の名前を取って「お花茶屋」という名前をいただいたといわれています。

[葛飾区史『お花茶屋と徳川吉宗』より]


【華道茶屋流(かどうちゃやりゅう)】

<茶屋流の歴史>

新左衛門茶屋の娘・お花は、小さい頃から近くのお寺に通い、住職に可愛がられており、同じ年の住職の息子や若いお坊さんに混じって、茶道や華道を習っていました。茶屋にはお花が活けた花が飾られており、吉宗も「心が洗われるようだ」と絶賛したといいます。

お花はやがて住職の息子と結婚し、夫婦で寺の一角で無料で人々に花を教えるようになり、花の活け方だけでなく「裕福な者もそうでない者も、花を愛でる心は皆平等。見た目の華やかさばかりではなく、見逃されそうな小さい花にも、踏みつけられた雑草にも、その美しさに気づき、愛でる気持ちこそ大切」と人々に伝えました。

お花の子孫が、蔵に残された文献をもとにその精神を受け継いで、明治4年に『茶屋流』を創立。茶屋花之心’(ちゃやはなのしん)と名乗り、以後家元になった者は男女問わずその名を継ぐようになりました。

庶民でも気軽に楽しめることや、「どんな姿形境遇でもその美しさに気づき、愛でる気持ち」という『茶屋流』の精神はビジネスや人間性の育成にも通じるということで、教育機関や企業研修にもとりいれられるようになり、勢力を拡大していきました。

3代目の時に、門弟が1万人を越すと、本部を創立の地・葛飾区お花茶屋から文京区本郷の屋敷に移し、現代に続いています。


<家元について>

茶屋流の家元は、家元の四十九日が過ぎたあとに開催される『茶屋継承の儀』にて、家元候補の作品が展示され、関係者による作品投票によって決められます。世襲制による腐敗を防ぐために決められたルールでしたが、所属するまたは懇意の派閥の長が家元になるかならないかで自分たちの待遇も変わるため、門弟や関係者を巻き込み、裏切りや裏工作が横行していると言われています。




【申込方法】

①お申込みフォーム

「名前」「人数」「メールアドレス」「予備の連絡先」「参加枠の第一希望(家族枠・関係者枠)」「参加枠の第二希望(家族枠・関係者枠・第一希望以外なし・どれでもOK)」をご記入いただきます。

申込は先着順になります。「第一希望以外なし」の場合、その枠が申込時点で満になっている場合はご希望に沿えませんのでご了承ください。(その旨は必ずご連絡します)

②設定フォーム

受付完了後、「決定した参加枠(家族枠・関係者枠)」と「設定フォーム」をお送りします。設定フォームはお手数ですが4/30までにご返信ください。(詳細は設定フォームにも記載しています)

※15名に達した時点で、開催決定の旨と決済に関するご連絡を皆様にお送りします。4/30までに15名に達しない場合は開催中止となります。


【キャンセル待ちについて】

◆キャンセル待ちの方には、キャンセル待ちの先着順に「この枠であればご参加可能ですがいかがですか」とご連絡をさせていただきます。


【その他ポイント】

事前に設定資料などをお送りします。内容を覚えていただく必要は全くないのですが(当日紙でもお渡ししますので見ながらできます!)、そこそこの情報量がありますので「文章読むの苦手…」という方は厳しいかもしれません


◆本編がスタートする前に、素の状態で全体の流れの説明、屋敷全体のご案内(立入禁止エリア等)をご説明します。


◆謎解きや犯人当てがメインではありませんので、世界観を楽しむだけでも大丈夫です。情報の共有のご協力はお願いします。参加者の中に犯人は確実にいますので、話し合い・探り合い・情報の引き出し合いで、犯人に辿り着くことはできます。限りなくクロに近いところまで情報を集めることはできますが、その人が犯人だと示す決定的な証拠は出てきません。


◆がっつり関わりたいか、そっと見ていたいか、初対面の人と話すのは苦手…等を含め、ご希望の設定や関わり方のご要望などをお伺いして内容に反映していきます。


◆参加者全員の「名前」と「職業もしくは続柄」は相関図で共有します。関係者の場合、本名での参加は可能ですが、共有される点だけあらかじめご了承ください。


◆事前にメールにて指示書や情報などをお送りします。それをもとに他の参加者と話したり、怪しげな行動をしたりします。得た情報を皆に話したり、隠したりはお任せしますが、30分~1時間だけ「必ず指示通りに動く」という時間が出てきますので、予めご了承ください。


◆大人の事情と現場保持のため、触れてはいけない場所が出てきます。写真を撮るのはOKです。



【ご留意点】

●参加者ごとのお部屋はご用意されていません。敷地や庭は散策できますが、大広間がメインになります。立入禁止箇所はスタート前に共有させていただきます

●参加者同士のコミュニケーションが重要になるイベントゆえ、適度な距離感でお願いします

●連絡先の交換は推奨しておりません。それによるトラブルについては基本的に関知しませんが、悪質な場合は対応します。

●勧誘行為・ナンパ行為は一切禁止します。そのような行為に遭ったり、目撃した場合はお知らせください。


【キャンセルポリシー】

他のイベントよりもキャンセル対応に時間がかかるため(一部シナリオ変更や調整等)、サスペンスプランはキャンセルポリシーを変更しました。必ずご確認ください。

●決済後 500円

●10日前 30%

●7日前 70%

●5日前 100%

参加の譲渡は可能です。10日前あたりですと基本はお渡ししている設定のままの参加となりますが、このあたりは状況によるので都度ご相談ください!


Comments


bottom of page