加賀福井アートオークションツアー



※こちらのツアーは完売しております※



ガイドの神野爪子(かんのつめこ)と申します!


このツアーは、加賀温泉郷にて開催する美術品オークションをご覧いただけるツアーでござます。海外の方は、この状況下、リモートでの参加とのことですが、それでもン千万という売買が目の前で繰り広げられる光景というのはなかなか見ることはできないかと思います。


そして今回の目玉は!ついに登場!幻の逸品『前田家の秘刀』と『福井寛文札』!!


『前田家の秘刀』

前田利家が加賀藩の第2代藩主の利常に授けたと言われるものの、加賀征伐等で行方知れずになっていた刀です。昨年発見されて話題になりました。


『福井寛文札』

福井藩の藩札(諸藩が財政窮乏救済のため発行したもの)で、越前国福井藩の4代藩主松平光通が発行しました。現存する藩札の中で一番古いと言われているものは国立印刷局が所蔵しておりますが、それと同時期と鑑定されました。


その他、古九谷等の美術品が出品されます。

普段は非公開のオークションですが、『行列のできる鑑定団』でおなじみの綾重真琴氏のコネクションで実現しました。どうしても欲しいものが出てきた場合は、綾重氏を通して入札をすることも可能です。


そして、1日目は金沢加賀と2日目は福井と、2つの美術品ゆかりの土地を巡ります。


●兼六園

日本三名園として有名な兼六園。加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とし、国の特別名勝に指定されています。広大な園内には築山、池、茶屋などが点在しており、それぞれの景観を楽しみながら廻遊する庭園となっています。


●九谷満月

日用品から人間国宝の作品まで多数展示されている九谷焼専門店です。九谷焼についてご説明のあと、少しお買い物のお時間を取らせていただきます。こちらの2階がオークション会場になるため閉店後に再度入館しますが、その際売店は1階は閉まっております。


●こおろぎ橋・あやとり橋

鶴仙渓に架かる総ひのきの造りの橋で、山中温泉を代表する名勝地、こおろぎ橋と、草月流家元・勅使河原宏氏が「鶴仙渓を活ける」というコンセプトのもとデザインした、あやとり橋をご覧いただきます。遊歩道を15分程歩きますので、のんびりしたい…という方は山中温泉街をお楽しみください。


●福井城址

福井城は徳川家康の二男・初代福井藩主・結城秀康が築城し、約270年間17代にわたり越前松平家の繁栄の舞台となった名城です。大火で焼失し、本丸の石垣と堀のみが残っています。現在ではそこに福井県庁が聳え立ち、まるで城塞都市のような光景です。


●大安禅寺

今回出品される『福井寛文札』を発行した福井藩第4代藩主松平光通が越前松平家の永代菩提所として創建。数百点にもおよぶ文化財が保存され、本堂裏には門に葵の紋を配し、笏谷石1,360枚の石畳みと高さ3mを超す墓石がズラリと並ぶ”千畳敷”と呼ばれる、歴代福井藩主が眠る松平家の墓所があります。

拝観ツアー後、こちらで精進料理をお召し上がりいただきます。


想定外のトラブル等が起きない限りは、この行程で行かせていただきます。

想定外のトラブルが起きない限りは……。



※上記ツアー内容は、缶詰サスペンス大賞の久坂七夕先生のアイデアをもとに作成させていただきました。