夏目漱石

『吾輩はである』より

 

ようやく笑いがやみそうになったら、五つになる女の子が「御かあ様、も随分ね」といったので狂瀾を既倒に何とかするという勢でまた大変笑われた。

🐈ヒントが欲しい?