宮沢賢治

の事務所』より
 

軽便鉄道の停車場のちかくに、の第六事務所がありました。ここは主に、の歴史と地理をしらべるところでした。

🐈ヒントが欲しい?